カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > まずは基本を知ろう > ヨガとストレッチの違い

まずは基本を知ろう

ヨガとストレッチの違い

ヨガとストレッチの違いは判るでしょうか?わからない人は意外と多いようです。

見た目はあまり変わらないようですが、実は結構違う部分もあります。さて、ヨガとストレッチの大きな違いは何でしょう?

 

まずストレッチの場合ですが、体の部分部分を伸ばす運動 を中心に行います。

例えば肩がこってきたから、肩のストレッチを行ってみたり、走る前にアキレス腱を切らないように、アキレス腱のストレッチを行ったりなど、体の部分部分において行うものです。

 

それに対して、ヨガの場合はもう少し広い意味合いになります。

体はもちろんのこと、心や呼吸などを落ち着かせ、最終的には、人生観を自分で導くようにする、などなど・・・一言で表現するにはなかなか難しく、奥深いものです。

これは私の考え方ですが、単なる運動の一つというよりは、精神修行に近いものがあるのかもしれません。

 

ところで、一昔前に「ストレッチダイエット」が流行したように、最近ではヨガダイエットを始める人も多く、ヨガ人口も増えてきています。

ただ、普通に体を柔らかくしたいのであれば、ストレッチから始める方がお勧めです。

ヨガの場合には、体が硬い方が始めるには少し難しい所もあるので、最初はストレッチを毎日行い、慣れて来たらヨガを始めるなど、段階を踏んで行うと良いでしょう。

私も体が硬かったので、ヨガもストレッチも両方やった事がありますが、ストレッチは何といっても手軽に出来るので、断然ストレッチがお勧めです。

 

番外編:ヨガ呼吸でリラックス

呼吸一つを見ても、ストレッチでは普通に深呼吸をするのに対し、ヨガの場合には呼吸の仕方も色々あり、とても奥が深いように感じます。

基本姿勢から呼吸する事により、リラックス効果を得られるというヨガの呼吸法を、ここでご紹介します。

体を柔らかくする方法とは直接関係はありませんが、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

胡坐(あぐら)をかいて背筋を伸ばし、両手は膝の上におきます。この時に指は、親指と人差し指で円を作り、他の指は伸ばした状態にします。この姿勢をとるだけでも、呼吸がしやすく、体が引き締まると思います。

次に、鼻から息をゆっくり吐きます。息を吐き終わったら、ゆっくり鼻から息を吸います。

 

これだけです、簡単ですよね。

この呼吸法を行う事で、リラックス効果が高いヨガの基本腹式呼吸が出来ます。

口から息を吸うのではなく、ヨガの基本姿勢からゆっくり呼吸する事によって体の力が抜け、リラックスすることが可能なのです。

 


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。