カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > まずは基本を知ろう > 柔軟性を高める主な方法

まずは基本を知ろう

柔軟性を高める主な方法

柔軟性を高める方法として、ストレッチが上げられます。

ストレッチを軽く見る方も少なからずいるようですが、ストレッチをきっちり行うことで、体が硬い人でも柔らかくする事が出来ます。

ストレッチを行う事で一番重要な点は、筋肉や関節などをしっかり伸ばす事です。

激しい運動とは違い、ストレッチはゆっくり行う運動です。しっかり時間をかけて、丁寧に筋肉や関節などを伸ばしてあげる事が一番重要です。

 

さて、ひと口に 「ストレッチ」 といっても、実は大きく分けて2種類の方法があります。どんな方法なのでしょう?

 

まず1点目は、「弾みをつけて行うストレッチ法」です。

学校の準備運動などで行ったことがある人もいると思いますが、弾みをつけてストレッチを行う事により、筋肉を伸ばす事が出来たり、ストレス解消といった効果があります。

ただこのストレッチは、あまりやり過ぎると筋を痛めてしまう可能性がある為、やりすぎは禁物です。

また、短期的に強い刺激を与えるこの方法は、本来言われるところの ”柔軟性を高める” という事にはあまり向かないのです。

 

2点目のストレッチは、「持続的に長時間伸ばすストレッチ法」です。

どちらかと言えば、こちらの方が柔軟性を高める事に向いたストレッチと言えます。子供から大人まで行う事が出来、筋肉を十分に伸ばすことが可能です。

体が硬くなる原因として、運動不足などによる筋肉の退化が挙げられます。この方法を行う事で、持続的に筋肉を刺激する事ができ、無理なく続けて行けるのではないでしょうか。

 

「でも毎日のストレッチは大変!」という方には、こんなマニュアルもあります。↓↓


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。