カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > まずは基本を知ろう

まずは基本を知ろう

体が硬い人の原因

世の中には同じ人間なのに、体が柔らかい方や、硬い方がいます。

体が硬い方は、学生時代に体力測定などをする時や、洋服を着る時などに苦労した経験があると思います。

私も体が硬いので、よく服を着るのに体をつったりする事も珍しくありません。

生まれもって柔らかい人もおりますが、特にそれ自体に秘訣が在る訳でもないようです。では一体、何が原因なのでしょうか?

「体が硬い人の原因」詳細はこちら

体が柔らかくなる事のメリット

体を柔らかくする事のメリットは、何と言っても「体が動きやすくなる」という事でしょう。

私は特に体が硬いので、階段を上ったり、手を大きく上げた時などに体をつったり、下に物が落ちた時に簡単に拾えないなど、よくあります。

普通の人には難なく出来る事が、体が硬い事によって出来ない事って、意外とたくさんあるんですよね(体が硬い人なら判ると思いますが)。

さて、他にはどんなメリットがあると思いますか?

「体が柔らかくなる事のメリット」詳細はこちら

柔軟性を高める主な方法

柔軟性を高める方法として、ストレッチが上げられます。

ストレッチを軽く見る方も少なからずいるようですが、ストレッチをきっちり行うことで、体が硬い人でも柔らかくする事が出来ます。

ストレッチを行う事で一番重要な点は、筋肉や関節などをしっかり伸ばす事です。

激しい運動とは違い、ストレッチはゆっくり行う運動です。しっかり時間をかけて、丁寧に筋肉や関節などを伸ばしてあげる事が一番重要です。

 

さて、ひと口に 「ストレッチ」 といっても、実は大きく分けて2種類の方法があります。どんな方法なのでしょう?

「柔軟性を高める主な方法」詳細はこちら

ストレッチってどんな種類があるの?

ストレッチといっても色々な種類があります。

体育の時間や、マラソンの前に行う「ダイナミックストレッチング法」と、ダイエットなどで、ゆっくり息を吐きながら体を伸ばす「スタティックストレッチング法」があります。

どちらの方法も馴染みのあるストレッチ法ですが、効果はそれぞれ違います。では、どういった違いがあるのでしょうか?

「ストレッチってどんな種類がある...」詳細はこちら

簡単なストレッチをしてみよう

ストレッチの魅力は、どこでも簡単に出来る事です。手軽にストレッチをして、少しずつでも体を柔らかくして行きましょう。

ここではそんな、手軽に出来るストレッチ方法を紹介したいと思います。

 

まずは下半身のストレッチです。

「簡単なストレッチをしてみよう」詳細はこちら

ヨガとストレッチの違い

ヨガとストレッチの違いは判るでしょうか?わからない人は意外と多いようです。

見た目はあまり変わらないようですが、実は結構違う部分もあります。さて、ヨガとストレッチの大きな違いは何でしょう?

「ヨガとストレッチの違い」詳細はこちら


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。