カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > 素朴な疑問編 > ストレッチって1日どのくらいやればいい?

素朴な疑問編

ストレッチって1日どのくらいやればいい?

ストレッチを行うことで、普段使わない筋肉を鍛えられる上に、固まってしまっている筋肉をほぐす事もでき、体を柔らかくする事ができます。

また、高齢の方の場合、思ように体を動かせない事も多いので、それを回避する意味でもストレッチは重要だと言えます。

それだけ重要なストレッチですが、1日にどのくらいやれば良いのでしょうか?

 

「どのくらいやれば良い?」という回数や量に関しては個人差もありますが、まず自分のできる回数を決め、何セットを何回という風に決めるのが良いと思います。

大体の目安として、例えば1日3回位と決めましょう。そして大事なのは、この回数をまず守って毎日行う事です。

朝起きた時や、寝る前などに行うと良いでしょう。特に入浴後に行うストレッチは、体が柔らかくなっているので、効果も大きいと思います。

 

また、いくら重要といっても、やり過ぎは禁物です。”過渡のストレッチ” は、体の疲労が増えるという事にもなり、下手をすればそれで怪我をしてしまうことだってあるのです。

ストレッチ以外にも、日常生活でも体は動かしているはずです。例えば出勤で駅の階段を上ったり、外に洗濯物を干したり、買いものに行ったりなど、運動以外にも体を動かしていますよね。

そういった日常の動作によって、知らず知らずの内に体が鍛えられているのです。

 

ストレッチをたくさんやれば、それだけ効果があると誤解をされている方もいると思いますが、1回にかかる疲労が少ないだけで、体に疲労は蓄積されるものです。

大切なのは 「無理なく毎日続けること」。程ほどの量で続けて行ってください。

 


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。