カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > 素朴な疑問編 > ストレッチの前に体を暖める理由は?

素朴な疑問編

ストレッチの前に体を暖める理由は?

ストレッチの前に体を温める事は、柔軟性を高める為に必要です。

体が温まっていない状態では、体が硬くなっています。その為に、頭では動こうと思っているのに、「体がついていかない〜!」 という事ってありませんか?

それは体がほぐれていないために、思い描いている動きについていけない事でそういった症状が起きます。

また、筋肉が温められていない状態では、筋肉は縮んでいます。そんな時、急に激しい動きをしても、筋肉は付いて行けません(ひどい時には、筋肉が損傷してしまうことも)。

その為にも事前に温めて、筋肉をほぐしておく必要があります。

ちなみに、たまにストレッチと準備運動をごっちゃにして考えられている方がおりますが、この2つは少し違います。

順序としては 「準備運動 → ストレッチ」です。準備運動で体を温めた上でストレッチを行うのです。ストレッチの効果を高めるためにも、最初に体を温めておく必要があります。

体が冷えて筋肉が縮んだ状態でストレッチをやっても、ストレッチの本来の効果を得る事が出来ませんし、下手をすれば怪我をすることだってあり得るのです。

体が温まった状態でストレッチを行う事で、ストレッチの効果を発揮させ、今以上に体を柔らかくすることが可能になります。

その為にも、事前に体を温め、きちんとしたストレッチを行う事が重要です。

よくテレビスポーツ番組で、プロの陸上選手が体を温めてストレッチを行っている映像を目にします。

体を温めて全身の筋肉が柔らかい状態でストレッチを行う事で、通常のストレッチよりも高い効果が得られる事を、プロの方は知っています。

もう一度言います。

「ストレッチで体を温める」 のではなく、「ストレッチを行う前に事前に温めておく」 ことが重要なのです。


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。