カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > 前脛骨筋について > 前脛骨筋を柔らかくする方法

前脛骨筋について

前脛骨筋を柔らかくする方法

前脛骨筋を柔らかくする方法は、前脛骨筋のストレッチがお勧めです。前脛骨筋を柔らかくする事で、怪我の防止や、老化防止に役立ちます。

 

ただ、ストレッチをやる前には、注意点があります。

前脛骨筋は疲労しやすい筋肉の為、過度に行うと筋肉が腫れてしまって、痛みを感じるようになってしまいます。

スポーツ選手や格闘家を目指している方はこの前脛骨筋が特に重要であるだけに、鍛えている方が多いようですが、鍛えすぎで腫れてしまうと、しばらく運動が出来なくなってしまうので、注意が必要です。

 

今回紹介する、前脛骨筋を柔らかくするストレッチ法は、すごく簡単なので、是非時間がある時に是非試して見て下さい。

まず、正座をします。次に、姿勢をだんだんと後ろに後退させて、手を付くようにします(正座のまま両手を後ろにもっていく感じです)。

1セット30秒として、この動作を2セット行うことで、前脛骨筋を柔らかくすることが出来ます。

 

注意すべきポイントとして、「つま先を外側に向けない」こと。

理由は、前脛骨筋がうまく伸びてくれないから。

つま先が外側を向いているという状態は、すねの外側についている前脛骨筋は、その分だけ少し縮んでいるという事です。

 

逆に、つま先が内側を向いていたらどうなるでしょう?

理屈で考えると、つま先を内側にした方が、前脛骨筋は伸びているとお思いになるでしょうが、実際はそれほど変わりありません。

実際に体操をやる時に、前脛骨筋に当たる部分を少し触ってみてください。足首付近の筋肉は若干伸びていますが、すねの方に行くに従って、それほど伸びていないのがわかります。

したがって、この体操を行う時には、「つま先はまっすぐ伸ばす」。これが結論になります。

 

以上に気を付けて、体操をやってみてください。

入浴後に行うことで、通常よりも効果が望めるので、お風呂上りにテレビを観ながらでも試してみるといいでしょう。

簡単に無理なく前脛骨筋を柔らかくすることが出来ます。

 

参考サイト:「カラダ美人

 


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。