カッチカチから、グンニャグニャになってみよう!

体を柔らかくする方法教えます! > 前脛骨筋について > 前脛骨筋とは?

前脛骨筋について

前脛骨筋とは?

「前脛骨筋」という名称を聞く機会はなかなか無いと思います。

読み方としては(ぜんけいこつきん)と読みます。具体的な場所としては、よく「弁慶の泣き所」と言われる箇所の外側にあります。

膝下の骨の外側から足の甲の内側に繋がる筋肉の事をいい、足首を動かしたり、しゃがんだり、立ったりする時に使われる筋肉です。

 

前脛骨筋の場所

 

この筋肉は、歩く時や、階段を上る時などに活躍する筋肉で、ヒールの高い靴を履いていて痛くなったり、早歩きの人などは、この箇所に疲れが溜まりやすくなります。

また骨盤がずれていたり、歩き方が変だと、前脛骨筋に負担がかかり、痛くなったりします。

弁慶の泣きどころの外側が痛い時や、こっていると感じたときは、自分の歩き方や、靴などを確認してみるのもよいでしょう。

また、前脛骨筋が衰えてくると後傾の猫背になってしまい、膝が前に出てくるようになってしまいます。

 

日常であまり意識しない筋肉ですが、重要な箇所でもあります。

プロのサッカー選手など、この前脛骨筋を鍛える事で飛躍的に蹴る力や動きが良くなるので、鍛えている選手が多くいます。

一般の方は、急に鍛えようとすると、パンパンにはってしまい、筋肉痛になる方が多くいます。ひどい場合には、怪我をしてしまい歩けなくなってしまう事もあるので、急激なトレーニングは避けましょう。

女性の場合、足が浮腫(むく)みやすいものですが、前脛骨筋が硬くなるとなおさらです。上手にマッサージやトレーニングを行う必要があると言えます。


 

無理なく疲れないストレッチで体を柔らかくする方法が示されているDVD教材です。

「体を柔らかくすること=ストレッチ=痛くて辛いもの」

という概念を根底から覆した方法で、無理せずに長く続けられるストレッチの方法を紹介しています。しかも、体を柔らかくするだけではなく、再び硬くならないための方法までわかりやすく解説。

返金保証もついているので安心ですね。

 

商品の中身が知りたい方

レビューを書いてみましたので、こちらを参考にしてみてください。